本文へスキップします。

エディタV2

マネードクターCMギャラリー

マネードクター(マネドク)サービスサイトはこちら

人生100年時代に必要なのはいつでも気軽に話せるお金の相談相手。
マネードクターのFPが「お金の答え」を見つけます。


自分のお金は、自分でなんとかする。
そんなお金自己責任時代に必要なのは、お金の相談相手かもしれません。




高橋一生「扉」篇30秒/マネードクター公式




頼れるファイナンシャルプランナーをみんなに届ける。
マネードクター始まります。




高橋一生CM「扉」篇15秒/マネードクター公式




マネードクターのFPは一人ひとりの人生を豊かにする一生のパートナーです。




高橋一生さん演じる『マネードクター』(通称マネドク)が地域のみなさんのお金の悩みや保険の相談にのることで、お金に関する不安を安心に変え、みなさんに笑顔を届けるという設定です。自分でお金のことを考える必要性が増してきているこの時代に、頼れる人気者のFPという役柄で、多くの人から愛されている姿が描かれています。



■ムービースト―リー
サラリーマン、幼稚園児、老夫婦など、地域のいろいろな人と笑顔で挨拶をかわし、呼び止められながらも、次のお客さまとの相談に向かうため自転車で町を駆け抜ける。 その親しげな雰囲気で高橋一生さん演じる『マネードクター』は通称『マネドク』と呼ばれ、地域のみなさんから頼りにされる存在です。 また、本CMではFPパートナーの新ブランド『マネードクター』がもたらす新しい価値や考え方を全ての人に向けて宣言しています。全国のみなさんに、まるでかかりつけ医のようなお金の相談相手『マネードクター』を届けたいという想いをCMで女子高生役を務める女優の駒井蓮さんのナレーションでお送りします。

■撮影エピソード
暑さがまだ続く中、『マネードクター』役を演じる高橋一生さんは、トレードマークの青いコートをなびかせ爽やかに自転車を漕いでいました。また、今回のCMでは地域のみなさんから愛される存在ということで、笑顔で挨拶をするシーンが多く、高橋一生さんの柔らかく優しい笑顔に現場も終始和やかなムードになりました。 一方で、プロのFPという役柄のため、相談シーンの撮影では真剣なまなざしでお客さまに語りかけており、安心感と信頼感のある『マネードクター』を見事に演じられていました。


自分のお金は自分でなんとかする。そんな時代が始まっています。
私たちに必要なのは「お金」よりも「お金の相談相手」なのかもしれません。
だから私たちは頼れるFPを育て、全国に届けます。
まるでかかりつけのお医者さんのように気軽に相談できる、人生の、お金の、パートナーとして。
マネードクターのFPは、お客さまの人生をもっと豊かに、もっと幸せにするお手伝いをいたします。