本文へスキップします。

【参】カテゴリ画像:お知らせ
お知らせのカテゴリ画像 お知らせのカテゴリ画像
H1

お知らせ

カテゴリ別

年別

お知らせ:表示

日本ゴールボール協会と契約締結のお知らせ

2019/07/25


無料FP相談サービス「保険のビュッフェ」を運営する株式会社FPパートナー(本社:東京都文京区 代表取締役:黒木勉、以下「FPパートナー」)は、7月22日付けで、一般社団法人日本ゴールボール協会(会長:梶本美智子、以下「日本ゴールボール協会」)とオフィシャルパートナー契約を締結いたしました。 FPパートナーは、日本ゴールボール協会が行う活動への積極的な支援を通し、障がい者スポーツの普及・発展、選手の皆さまのご活動に貢献してまいります。
20190724(C_ゴールボール).pdf

■ゴールボールとは
第二次世界大戦で視覚に障がいを負った軍人のリハビリ用として考案された競技で、パラリンピックの正式種目になっています。選手は視力の程度に関わらず、「アイシェード」というゴーグルを使用し、視界を閉ざした状態から、鈴入りの専用ボールの音を頼りに攻守を繰り返し、得点を競い合います。ボールの動きを読むには「音」が非常に重要なため、競技中は選手だけでなく、観客も静かにしていることが求められるため、「静寂の格闘技」とも言われています。 また、男子日本代表チームは、2017年IBSAアジア・パシフィック選手権で銅メダル獲得、女子日本代表チームは、2012年ロンドンパラリンピックや2018年アジアパラ大会で金メダル獲得の実績があり、男女共に、2020年東京パラリンピックでの活躍が期待されています。

〈一般社団法人 日本ゴールボール協会〉
http://www.jgba.jp/

一覧へ