本文へスキップします。

タブV2

日本ゴールボール協会主催 ゴールボール体験会に参加しました

2019年8月29日、日本財団パラアリーナにて「ゴールボール体験会」に参加し、東京2020パラリンピック正式競技であるゴールボールを体験しました。

ゴールボールは、3対3で鈴の入ったボールを転がし相手陣地にあるゴールにボールを入れる競技です。視覚障がいの種類や程度を公平にするため、光を遮断するゴーグルをつけて競技を行います。

参加した社員からは、「障がいの有無に関わらず皆が楽しめるスポーツだと感じた」「しっかりとルール説明がありとても勉強になった」「普段なかなかできない体験なので多くの方に知って体験してもらいたい」「皆が同じステージで試合が出来るのでチャレンジのしがいがある」などの感想がありました。
  
観客も静寂を求められる中、聞こえるのは鈴の音だけ。会場全体を包む空気感も相まって、観ている側にも体験者の緊張感や息遣いが感じられ、自然と会場全体に一体感が生まれました。

全神経を集中させ、暗闇の中で鈴の音を聞き分けボールを投げ合うその様は、まさに静寂の戦いでした。