本文へスキップします。

エディタV2

ご契約者さまをはじめ皆さまには、日頃より株式会社FPパートナーをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。当社の前身会社は、平成17年3月(2005年3月)に「本来あるべき保険業=真にお客さま本位の保険募集業務に徹したい」という想いを持ってスタートしました。この志は本日まで一貫して変化することなく持ち続けております。限りのある場所ですがその想いをご挨拶としてお伝えしたいと思います。

生命保険制度本来の素晴らしさを広めたい

もしも、ご家族の大黒柱に万が一のことがあれば遺されたご家族の生活、進学や人生そのものに大きな経済的影響を与えかねません。生命保険制度とは万が一、大事なご家族を失った悲しみの中でもご遺族が望む人生を力強く歩んでいただく経済的支援を目的として、ご契約者さま全員が拠出した保険料を保険金としてお届けする仕組みです。このように生命保険制度はその発足時から、すべてのご契約者さまがお互いに支え合う相互扶助の精神が生かされた制度であり、素晴らしいものです。こうした考え方に賛同した人が生命保険制度にご加入されると考えております。担当者はお客さまとご家族の一生涯を保障で守り、安心に満ちた豊かな人生の時間をお客さまと共有する。この関係こそ「本来あるべき保険営業の姿」だと私たちは考えます。

お客さまの現在の生活に安心と共に楽しみをお届けしたい

一方、ご契約者さまの現在の生活を充実させ楽しむことも大切なことだと考えています。保険は大事ですが、必要以上にたくさんの保障を持った結果、保険料負担が大きく日々の生活が窮屈になるような状況になってしまっては、お客さまの最善とは言えません。「万が一の経済的リスクには計画的に備えたい。しかし、数千種類ある保険商品は、十分な情報がないと商品選びが難しい」といったご相談を多くいただいてきました。

保険商品選びを共に考え、お客さまの最善を追求する姿勢

そうした中、私たちはお客さまのご意向をじっくりと聴くことから始め、満足のある保障を手に入れていただくために、「保険会社を越えて」商品をご提案することで経済的リスクに対してご納得の行くコストで備える方法や選択肢をお客さまと共に確認・検討します。このようにしてお客さまの最善を追求することが私達の使命であり、本来の保険営業の姿と考えます。

お客さまに「選ばれる人であること」~お客さまの保険を担当した者の責任~

お客さまの保険の必要性は一生涯続くのに保険担当者が就業し続けることができない現実に矛盾を感じます。お客さまの一生をお守りする保険をご提案する者が自身の将来が不安では真にお客さま本位の業務を果たすことはできないと考えます。お客さまが「一生の保険を安心して任せられる」と感じていただくために、保険担当者は日々研鑽し続け、常にお客さまに選ばれる「人」であるべきと考えます。

私たちの挑戦と意味

私たちの挑戦は、第一にお客さま本位の業務の実践を掲げ、すべてはお客さまのために始まります。次に出会ったお客さまから一生涯安心できる保険相談のパートナーとして選ばれるために、当社社員が生き生きと一生涯にわたり働くことができる会社であることが大切です。それに相応しい職場作りに挑戦し続けることだと考えます。最後にこうした私たちの挑戦が生命保険制度の本来の素晴らしさを広め、人々が安心で充実した生活を送ることができる社会の実現に通じると確信しております。

皆さまのおかげを持ちまして現在、生命保険会社22社・損害保険会社10社の合計32社※さまの商品の取り扱いをしております。今後とも、確かな信頼をいただけるようにお客さま本位の業務を行ってまいる所存ですので、引き続きご支援・ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

株式会社FPパートナー
代表取締役社長

※2022年5月現在

【全】ページ全体のライン
【全】JS